カテゴリ:
  カテゴリー▼ タイトル 投稿日▼
エッセイ   あとがき  
投稿日:2010年02月25日      
エッセイ   第7部 誓い  
投稿日:2010年01月25日      
エッセイ   第6部 この子を守る  
投稿日:2010年01月04日      
エッセイ   第5部 障害について  
投稿日:2009年11月21日      
エッセイ   第4部 悲鳴  
投稿日:2009年11月15日      
エッセイ   第3部 鬱(うつ)の発病  
投稿日:2009年11月05日      
エッセイ   第2部 すれ違い  
投稿日:2009年10月21日      
エッセイ   第1部 アスペルガーの宣告  
投稿日:2009年09月18日      
あとがき
私は普通の主婦です。
文章の中で母の愛情を受けていないと思われたかも知れませんが実は愛情を受けていたのです。
その事に気付いたのは情けない事に私が鬱病を発病してからの事でした。
母は祖母の離婚、兄弟との別居を乗り越えて私を育ててくれました。
今では私や長男や次男の事をとても気に掛けてくれています。
アスペルガーと言う病気は病院の先生によっても捉え方が全く異なり表面に出てきた子供の特徴だけが診断の判断に繋がります。
文章に出てきた長男が怪我をさせてしまった女の子のお母さんとはなしをする機会がありました。
実はその女の子もアスペルガーらしいのです。
女の子のお母さんも悩んでいました。
育児書を読みあさったそうです。 私は胸をはって言いました。
お医者さんが何を言おうが育児書に何を書いてあろうが目の前に居る子供を見つめていきましょうと。
失礼な事を言うようですが病院の先生も育児書もアドバイスはしてくれますがその子によって症状は異なります。
でも、現場で頑張らないといけないのは母親、父親、兄弟なのです。
奇声を発するのも暴力を振るうのも何らかの原因があります。
それを汲み取って行くには根気がいりますが原因を把握しなければ前には進めません。
アスペルガーは目に見えない病気です。
その為、しつけが悪い子と思われがちです。
しかし親の私達が目をそらせてはいけないと思うのです。
子供にアスペルガーの名札を付けて歩きなさいとも言えません。
私は逆境に立たされるであろう子供の心を強くしたいと心がけています。
私もイライラするときはあります。
私もまだ母親になって8歳です。
イライラする時はトイレで1人ぶつぶつ文句を言ってまた開き直ります。
そんな感じで良いのではないでしょうか?
長男、次男合わせて鼻涙菅閉鎖、アトピー、喘息、中耳炎、その他もろもろの病気を体験しました。
少しでも私の育児の体験がお役に立てれば幸いです。
マンマメニュー一覧
ケイジバン ニュース ママトモ
家電ママ ナイスショット レシピ
子連れグルメ ママエジソン コーディネイト
パート募集 ハンドメイド エッセイ
オーダー家具 マイホーム mamma-ichi
ブログ ビューティー 病気・病院
習い事・学校 輝くママ お問合わせ
コミュニティ一覧 情報ページ一覧
大分の注文住宅ハウスメーカー 黒木製材所

facebookページ

デジタルチラシのポータルサービス SHUFOO おすすめネットおおいた
大分の宅配水 クリクラ別府